プレゼーぺ

これも、ここイタリアではクリスマスには欠かせない伝統です。
プレゼーぺとは、キリストの誕生を再現したお人形たち(?!)なのです。
12月8日にクリスマスの飾りつけを始め、1月7日に全て片づけます。
何事も早くから準備万端にしたいセワシイ性格の私は、11月上旬から飾り付けを始め、11月中旬には、もうすでにクリスマスシーズンに突入していたのです^0^
ここイタリアに来るまでは、プレゼーぺ、その存在自体も知らなかったのだけど、今ではクリスマスツリーの飾りつけと同時に、娘の助け(!!!)を借りながら楽しんで準備しています。

クリスマスツリーは、日本でも飾り付けをするので、何の問題もなく終了。
今年は、3本飾りました。

お庭に飾ったツリー。日に日に飾り付けが飛ばされ、少し寂しくなりましたが・・・

サロンに飾ったツリー

居間に飾ったツリー

問題は、ペレゼーぺ・・・
必要な登場人物が決まっていて、キリスト(正確には25日の午前0時に追加します)、母マリア、父ジュゼッペ、3人の王、羊飼い、エンジェル。
後は、それぞれのお家のアレンジで、色々な人や動物を足していきます。
カトリック教徒ではない私は、お人形を見ても誰が誰なのか、何をした人なのか、イマイチよくわからなかったのですが、そう、経験とは素晴らしいもの。

我が家のサロンに飾ったプレゼーぺ

今では、マリア様とエンジェルの見分けも付き、ジュゼッペと他の男のお人形の区別も付くようになってきたのです。
だた、1年に1回のこと。
黒い牛と茶色の牛(馬かもしれない・・・)の場所が違っていたらしく、旦那のチェックが入りました ^0^
カパンナ(小屋)の中に居るのね。。。。。
エンジェルも、小屋の近くに居るんだって。
そうそう、流れ星、飾り忘れました・・・
来年、飾ります。

ここでも、旦那のチェックが入りました・・・
黒い牛と茶色の牛は、雄牛とロバだそうです。
これって笑えるよねーって言うと、勉強してない人なんだなあって思うとキツーイ一言。
マルコよ、日本では一般的に、お宮参りは神社でし、結婚式はホテルの中のニセ教会(ごめんなさい)で挙げ、お葬式はお寺ですることを知ってるのかしら???
お雛様の飾り付けを知ってるイタリア人、いらっしゃいましたらご一報を ^0^

ちょっと反れてしまいましたが、ノンナ(おばあちゃん)のプレゼーぺです。

ノンナのプレゼーぺ

ノンナー、あのー、大きさがチョットー・・・
そう、今年ノンナは、必要な人物だけ新調したのです。
後のお人形は、去年まで使っていた物で、大きさが合わなかったのね・・・
はい、でもそんな事なんて気にしません。
大変大らかなノンナであります ^0^

Leave a Reply