美人は得

この間、お友達のGelliusちゃんが、ベアが車の中に落としたブレスレットを持って来てくれたの。
バールで待ち合わせをして、合流。
二人で歩いていると、前には大弁護士先生が・・・
仕事で裁判所に出入りしているため、私はこの大弁護士先生のお顔とお名前は存知あげておりました。
恐らく彼も、私の存在くらいは知っていたでしょう。
裁判所の中を変なアジア人が歩いてる、くらいに。
もちろん、すれ違っても、別に挨拶を交わす仲ではないのだ。
でも、その日は
違った。
彼、電話中にもかかわらず、私たちにニッコリと微笑みかけ :D
Buon Giorno!と。
:roll:
やっぱり美人を連れてると対応が違うのね
バールに入ってからも、喫茶店のおじさんから、僕がバーリスト(喫茶店の店員、彼はオーナーなんだけど)って彼女に言って、だって。
彼女イタリア語わかるわよ、って言ったら
君から紹介してもらわないと!だって。
Gelliusちゃんは、とっても美人なのよ。
やっぱり、どこに行っても美人は得ねー。
って、おじさん、ご馳走してくれた訳ではないんだけど・・・
その後、私一人の時に、あの大弁護士先生とすれ違ったので
どうしようかな?
挨拶した方がいいのかなー?
って、迷いもありながらも、Buon Giorno と言ってみた :)
・・・・
えーーー  :shock:
無視???!!!  :mad:
それはないんじゃない!!!
さっきは、あなたから挨拶してきたでしょ!!!   :cry:

Leave a Reply