明けましておめでとう

Posted in Lingua, ダイアリー, 日本語 on 1月 3rd, 2010 by Maki – Be the first to comment

明けましておめでとう。。。
今年の目標は、5Kg減と始めたばかりのブログを続けること。
と言いながら、ナッツ入りチョコを食べながらの更新です・・・

おいしいのよ、これが。。。

随分減ってるけど、誰が食べたのかしら?!!!

今回の年末年始は、というと。
ベア(5歳の娘)が、予想通り眠気に勝てず、31日の23時半に我が家に戻ってきたのです。
車から家の中まで、21Kgの眠った娘を担ぐのは、なぜかいつも私の役目・・・
力仕事は男の仕事ではないのか?!と、毎度のごとく、気の利かないイタリア旦那に思うこと。
目が覚めてしまったベア、眠ってたのにー、ママ起こさないでよーだって。
あなたが重すぎるのよ・・・ ママ限界だわ、21Kg・・・
それから思いついたのが・・・
年越しそば食べよっかあって、旦那とベアに聞いたら二人口を揃えて、お腹いっぱいだからいらないだって。
はい、いらないと言われれば作りたくなってしまう私・・・
日本の伝統なんだから食べようと、23時40分からお湯を沸かし始めたのです。
今年中に出来るかしら?と思いつつ、お料理番組のシェフも顔負け、ものすごーいスピードで。
テレビではカウントダウンが始まって、おー、おー、って感じだったけど、ブログ用の写真もしっかり撮って、12秒前に頂きました。。。
一口だけでも一緒に味わってと強引に食べてもらったにもかかわらず、この二人、おいしい、おいしいとニコニコ顔で食べてるよ。。。
最後に日本の味を堪能出来て、幸せな気分で新年を迎えたわ^0^

そして、毎年この時期に私の密かな楽しみが、やってくるのであります。
今年はいつもよりも早く、ここ Lazio では、1月2日からでした。
そう、 Saldi(バーゲンセール)♪♪♪
前夜から準備万端。
6時半にアラームをセットして、いざ出陣とばかり高鳴る胸を押さえ眠りについたのです。
が、・・・
このバカンス時期、夜(というか朝かしら?!)3時、4時に寝る生活・・・
そんなに簡単に寝付けません。
朝、アラームがなった時、マルコ、カプチーノ作ってとお願いするも起きてくれない旦那。
家の旦那、よく出来た旦那(???)で、朝が弱い私に、毎朝カプチーノをベットまで持ってきてくれるのです。
でも、今日は違った・・・
起きない・・・
起きてー、起きてー、起きろーーーと言うものの反応なし。
そのうち私も眠気が・・・
ビーーーーーーーー
な、なに? 何事?
あーーー、防犯ブザーだ。(最近よく、窓ナンバー2が間違いで鳴るの。外回りのブザーが鳴ると心配なんだけど・・・)
え? 何時?
マルコーーー、起きてよーーー、9時半。。。
最悪ーーー、もう良い物は残ってないよー。
その後は、これもまた物凄いスピードで準備をしたわよ。。。
でもどんなに時間がなくても、朝のカプチーノと仮面作りは欠かせません・・・

私の行きつけのお店は、人気店なので心配しながらお店に入ったのが11時。
案の定、歩く場所も選ばないといけない混雑ぶり。
とりあえず、これはどうかな?と思うもの全てを片手に、試着室の順番待ち。
もう少しカラフルなものも加えたかったけど、予算オーバーで却下・・・
遅刻した割には、まずまずのものがゲット出来て良しとしよう。。。
そして、これが戦利品。。。

無くなってしまったナッツチョコ・・・

Ha vinto mia figlia

Posted in Italiano, Lingua, Lingua Italiana on 12月 29th, 2009 by Maki – Be the first to comment

Oggi a cena, è cominciata una gara di lingua italiana fra me (che sto in Italia da 6 anni e 9 mesi) e la mia figlia di 5 anni.

E’ cominciata mentre guardavamo al Telegiornale il servizio sul lago di Massacciuccoli e la probabile esondazione di venerdì prossimo.
La nonna è di orgini Versilia, e suo fratello Sandro abita in una città vicina a quel lago.
Stavamo parlando preoccupandoci per lui e la sua famiglia.

Marco ha detto che alcune zone attorno a quel lago un tempo erano palude.

Allora ho chiesto cosa è una palude. E mia figlia me lo ha spiegato.
Ora ho capito la parola palude.
Oooooh ,ogni tanto mia figlia mi prende in giro per il mio italiano.
Ho pensato allora di fare una gara con lei.
ahahah. Lei ha 5 anni e allora ha subito accettato, contenta.
Io ho detto una parola italiana, di cui lei doveva indovinare il significato.

Cara mia figlia, dico una parola che sicuramente non conosci: “udienza”.
Le mi ha risposto: la fanno in Tribunale, udienza penale.
,,,, wow ….
Accidenti.

altra parola: “indagine” (sicuramente non la sa).
Lei mi ha risposto che non capiva (ok ho vinto).
Mentre Marco spegava cosa è indagine, lei ha detto subito “investigatore”.
Che, che, che, che cosa ? Investgatore ?
Che parola è ?
E Marco mi ha detto che investigatore è chi fa l’indagine.
… Mamma KO. Ho perso.
La parola investigatore non è una parola difficile ?
Come mai mia figlia la conosce e io no ?
Sono rimasta un po’ choccata.
E per vincere la partita, le ho chiesto: sai che vuol dire “notifica”?
E lei mi ha risposto di no.
Finalmente: l’onore della mamma è salvo.

娘の勝ち

Posted in Lingua, イタリア語, 日本語 on 12月 29th, 2009 by Maki – 4 Comments

今日の夕食中、5歳の娘と、イタリア在住6年9ヶ月の私のイタリア語合戦が勃発した・・・

マッサチュッコリ湖が金曜にも氾濫の危険あり、のニュースを見ていたことから始まった・・・

ヴェルシリア(トスカーナ州の西側海沿い)出身のノンナ(おばあちゃん)の弟、サンドロおじさん夫妻が住んでいる近くなのです。

心配しながら見ていると、マルコが  Palude と言った。

???

Palude って、何?って私が聞いたら、なんと娘が説明してくれるではありませんか!

沼地ってことなのかな?

お、お、おーー

普段から私のイタリア語にもチェックを入れてくる娘。

負けてなるものかと、イタリア語の勝負しよっかあって誘ってみた。

ここは、5歳の娘、喜んで乗ってきたわよ。

ママが、イタリア語の単語を言うから、何のことか当てっこねー。

ふ、ふ、ふ、かわいい娘よ、あなたが絶対に知らない言葉よ

Udienza (裁判)

Fa nel tribunale (裁判所で行われる) 、Udienza Penale!(刑事裁判)と答えるではありませんか!

えーー、なかなか、やるなあ  (汗)

Indagine (調査) これは知らないだろう、今度はママの勝ちだよ、余裕。。。

うーん、わかんないって娘。

ヤッター、ママの勝ちよと大人気なく大喜び!

マルコが Indagine とは、って説明してると、ベア(娘)すかさず Investigatore だねって言った

ん、ん、ん??? なに?

Investigatore ???

どういうことって、マルコに聞いたら、Investigatore は Indagine ってことだよ、だって。

p.s. Investigatore 調査官

ママ、惨敗・・・

Investigatore って、難しい言葉じゃないの? 何で5歳の娘が知ってるのよ?!

ショック隠せず、Notifica (通知) と言ってやった。。。

うーん、わかんないだって。。。

一応、母の面目保つ。。。

私のイタリア語、日常生活に支障をきたす訳ではないけれど、5歳の娘と張り合う程度だったのかと愕然・・・

もっと勉強しなきゃって言いたいところだけど、脳の老化は止められないわ・・・

Presepe

Posted in Italiano, Lingua, Diario on 12月 28th, 2009 by Maki – Be the first to comment

Qui in Italia il Presepe è un altro elemento indispensabile della tradizione natalizia.
Il Presepe è fatto con statuine che riproducono la scena di quando è nato Gesù.
L’8 dicembre si inizia a preparare gli addobbi natalizi, che verranno poi rimessi via l’8 gennaio.

Io per carattere, cerco di fare le cose per tempo e senza fretta, e quindi ho iniziato a preparare gli addobbi a novembre e a metà di novembre era già tutto pronto, e già sentivo l’atmosfera del natale.
Prima di venire in Italia non conoscevo il Presepe, però adesso mi diverto molto a preparare il Presepe, l’albero e gli addobbi di Natale, che preparo con l’aiuto di mia figlia di 5 anni  !!!

L’albero di Natale lo facevo anche in Giappone, e quindi non ho problemi a prepararlo, tanto è vero che quest’anno ne ho fatti tre.

Ho messo nel giardino, ma giorno dopo giorno le palline sono sempre meno con il vento

Ho messo nel salotto

Ho messo nel salone

Il problema è il Presepe. read more »

プレゼーぺ

Posted in Lingua, ダイアリー, 日本語 on 12月 27th, 2009 by Maki – Be the first to comment

これも、ここイタリアではクリスマスには欠かせない伝統です。
プレゼーぺとは、キリストの誕生を再現したお人形たち(?!)なのです。
12月8日にクリスマスの飾りつけを始め、1月7日に全て片づけます。
何事も早くから準備万端にしたいセワシイ性格の私は、11月上旬から飾り付けを始め、11月中旬には、もうすでにクリスマスシーズンに突入していたのです^0^
ここイタリアに来るまでは、プレゼーぺ、その存在自体も知らなかったのだけど、今ではクリスマスツリーの飾りつけと同時に、娘の助け(!!!)を借りながら楽しんで準備しています。

クリスマスツリーは、日本でも飾り付けをするので、何の問題もなく終了。
今年は、3本飾りました。 read more »

Babbo Natale è arrivato

Posted in Italiano, Lingua, Diario on 12月 26th, 2009 by Maki – 3 Comments

Come è andato il Natale?

Qui in Italia, Natale è un evento sacro per celebrare la nascita di Cristo, riuniti con la propria famiglia.

Quest’anno, non è venuto qui a Viterbo il fratello di Marco con sua moglie.

Allora siamo stati solo con i nonni e noi (mia figlia Bea e mio marito Marco).

Come in tutte le case, il nostro tavolo era pieno di cose da mangiare.

Mentre stavamo mangiando la cena della vigilia, è arrivato Babbo Natale, che ha messo un sacco grande grande in corridoio

Bea (mia figlia di 5 anni di età), è stata contentissima: ha ricevuto proprio quello che aveva richiesto nella lettera indirizzata a Babbo Natale, e le sue renne.

Si tratta di un gatto giocattolo, che sembra vero. Se lo carezzi muove la testa e si gratta il musetto con la zampa. Che carino !

Poi Babbo Natale (?!), ha messo i doni anche per noi.

Per me, marron glacé (che mi piacciono tanto) e un paio di calze.

Ma poteva mettere qualche regalo nelle calze !

A mio marito ha portato i fazzoletti, che io non ho mai voluto comprare.

Gli italiani si soffiano il naso con i fazzoletti di stoffa: chi pulisce poi ? Perchè non usano quelli di carta ?

Basta ad usare quelli di stofffa !

Per favore signor Babbo Natale, il prossimo anno porta a mio marito dei calzini. read more »

サンタがやってきた

Posted in Lingua, ダイアリー, 日本語 on 12月 26th, 2009 by Maki – Be the first to comment

どんなクリスマスを過ごしましたか?

ここイタリアでは、クリスマスは聖なるイベントで、家族で集まりキリストの誕生をお祝いします。

今年は、マルコの兄夫婦がここヴィテルボに帰ってくることが出来ず、ノン二(おじいちゃん、おばあちゃん、娘の。私にとっては義理のパパとマンマです。)と私たち(旦那のマルコと娘のベア)だけで、過ごすことになったのです。

我が家も例外にもれず、昨日のクリスマスイブからテーブルに並びきらないお料理に舌鼓を打っております。。。

なんと! イブの夕食中に我が家にサンタがやって来たらしい

廊下に大きな大きな袋を置いて行ったのです read more »